風俗ビジネスでも、特にデリヘルやキャバクラなどの起業や副業の開業支援、さらにはマーケティング戦略や人材育成などの経営コンサルティングなら風俗プレナー。各種セミナーや業務ツール、教材の販売から経営者交流会まで風俗ビジネスをトータルサポートします。
Toggle

風俗営業健全化協会

風俗営業,健全化
風俗営業健全化協会とは ―concept―

終戦後の日本における娯楽産業として確立してきた風俗業界。
近年におけるニーズの多様化や幾多の法改正に伴い、独自の成長を遂げてきました。
キャバクラやデリヘル、ソープランドなどに代表される風俗産業の市場規模は、
今では5兆円を超えるまでに急成長しています。


一方で、急成長に伴い、
社会的な責任を果たさない事業者が存在することも事実としてあります。
遺憾にも、一部の事業者によるトラブルや犯罪等の問題により、
あたかも風俗業界そのものが、
社会悪の根源であるかのようなマイナスのイメージを抱く原因となってしまっています。



そのような状況の中、
「利用者」、「働く人」、「取引企業」といった風俗産業に関わる全ての人が、
安心して信頼できる風俗店を選別できる一つの基準として風俗営業健全化協会は設立されました。



風俗営業健全化協会は、風俗業者が社会的責任を果たすための基準を設けています。
その基準を充たした風俗店のみが参加し、風俗業界の健全化を図るとともに、
日本における風俗営業の本来あるべき娯楽産業としての責任を果たし、
日本経済の発展と活性化を支えます。



風俗営業健全化協会は、
社会的責任を果たすための厳しい基準を充たした風俗事業者のみが加盟できる業界団体です。


風俗営業健全化協会は、

  • 風俗業界の健全化

  • 各種関連法令の遵守

  • 利用者の安心安全の確保

  • 働く人の社会基盤の向上

  • 協会のガバナンス
に取り組んでいます。


基本理念
基本理念 ―mission―

我が国において、風俗営業という言葉が使われはじめたのは、
昭和23年に施行された風俗営業取締法(※1)が最初です。
(注釈※1 当時の風俗営業取締法というのは、決して性風俗営業を直接禁止とする法令ではなく、
性風俗営業の温床となっていた飲食店などを管轄しやすくするための許可制とする法令です)


それまで江戸の遊郭や戦後の公婦など、数々の時代背景による法令改正を経て、
日本独自の性風俗文化の変革がありました。



そうした歴史的背景から、風俗業界は市民にとって娯楽産業という認識はあるものの、
その社会的要因から必要悪とされ、省庁や行政が容認し管轄するといった形式をとることが難しく、
一定の地域に限り認められ営業されてきました。



一方で、不透明性から無許可などの違法営業や援助交際などの社会問題が絶えず、
犯罪の温床となりやすい業界であるがゆえに、まだまだ未成熟な部分があることも事実です。



― 協会設立の趣意 ―
実際のところ、現在の風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)とは、
風俗営業の健全化を目的とした法律である。と定義されてはおりますが、
本来の趣旨とは離れ、営業するための許認可手続きの一貫としか認識されていないのが現状です。



しかしながら、未成熟であるからといって、
法令や社会的ルールに違反することは許されることではありません。



まずは、我々、風俗業を営む各店舗、各事業者が、
業界の健全化というテーマに真摯に向き合っていく必要があります。



特に風俗営業は人と人とが密接に関わるビジネスであり、
娯楽産業という業態の事業社会においては、健全なビジネスモデルを構築し、
広く業界と社会に貢献していくという理念をもって事業をおこなっていくことが求められます。



業界の健全化というのは、風俗業界に限った話しではなく、
全ての事業にとっての利害関係者であるお客様、取引企業、働く人に対して、
安心と信頼を提供していくことから生まれるものです。



こうした社会的使命に賛同し、当業界のお客様、働く人、店舗の三者関係を、
当協会の理念に基づいて構築していく事業者によって構成された団体を立ち上げ、
維持・運営することによって、風俗業界の健全化を推進し、
業界と社会の発展に寄与していくことを当協会の設立主旨といたします。



【当協会の基本理念】
・当協会員は、法令を遵守し、お客様と働く人々が、安心安全で信頼できる風俗業界を構築し、風俗業界の健全な発展に尽くすことにより、社会に貢献していきます。



【当協会のガバナンス】
・健全化へ向けた活動を、管轄省庁などの外部要因への依存よる改善だけではなく、風俗業を営む我々業界内部が、自ら主導的立場で改革していくべきであると考えます。


設立目的
設立目的 ―vision―

風俗営業の健全な発展を追求し、業界に関わる人たちの保全活動の支援と、本来の娯楽産業としての地位を確立するため、
・暴対法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律)に則した反社会的組織との決別を推進
・業界刷新を図る上で大きな妨げとなっている詐欺やぼったくり店の排除
・風営法を遵守することによる健全な風俗市場を醸成させるためのガバナンス強化
これらの活動を拡げることを目的とし協会を運営しています。



― 基本理念に基づいた当協会員の営業活動の監視 ―
【審査委員会の設置】
審査委員会を設置し、協会への新規入会を審査するとともに、
入会後の営業活動において、当協会の基本理念に反する行為があった場合は、
会員継続の適格性を審査しております。



【認定証の発行】
協会員には認定証を発行し、各店舗の広告宣伝活動に認定証を利用することを促進し、
認定証の表示により、お客様をはじめ、働く人々や取引企業に対して安心と信頼を提供する証とします。



詐欺・ぼったくり風俗店情報の投稿フォーム ―submit―

当協会では風俗業界健全化のため、
利用者や取引企業からの詐欺店やぼったくり店などの情報の提供を広く募集しています。


詐欺店やぼったくり店などに関する情報は以下の投稿フォームより送信してください。
なお、無用な誹謗中傷はおやめくださるようお願いします。


詐欺・ぼったくり風俗店情報の提供をする



コアパートナーの募集 ―partnership―

当協会では、風俗業界の健全化に向けた取り組みに賛同し、協会と共に活動していただけるコアパートナーを募集しております。
風俗業界でご活躍されている、
・店舗運営をしている団体、個人事業者
・広告媒体企業、代理店
・関連小売業者
等、風俗業界をより良くしていきたい!という熱意のある方であれば団体、個人は問いません。
お気軽にご応募・お問い合わせください。


コアパートナーに応募する

Return Top