風俗ビジネスでも、特にデリヘルやキャバクラなどの起業や副業の開業支援、さらにはマーケティング戦略や人材育成などの経営コンサルティングなら風俗プレナー。各種セミナーや業務ツール、教材の販売から経営者交流会まで風俗ビジネスをトータルサポートします。
Toggle

風俗経営コラム

風俗店経営者のシステムづくり

風俗店経営者のシステムづくり
風俗店経営のシステム化

風俗店経営者が取り組むべき課題



風俗ビジネスというのは問題解決の連続です。

店舗運営にしても女性マネジメントなどにしても
風俗店は日々、発生する問題を
解決することで成長していくわけです。

ところがです。

ここで、ほとんどの風俗店経営者は自ら働いて
これらの問題を解決しようとします。

経営者は会社で一番優秀な人材ですから
自ら問題を解決するのは合理的に思えます。

しかし、よく考えてみてください。

風俗ビジネスは日々変化するので1つ問題を
解決してもまた次から次へと発生します。

なので、経営者が問題を解決するのは一見、
効率的に見えるようで実は非効率なのです。

では、一体どうすればいいのでしょうか?

実は発生した問題を解決するのではなく
問題が起きても自動的に解決されるような
【システム】に店舗運営を変える必要があるのです。

言い換えれば店舗に経営者がいなくても
お金を生むシステムに変えるということです。


店舗運営のシステム化



【システム】というのは
機械的に動き続けてくれる仕組みです。


例えば、農業をするとして
人力で鍬(クワ)を使って田畑を耕すより
耕運機やトラクターを使ったほうが
圧倒的に早く土を耕すことができます。


これは、本来であれば人力で鍬などで
土を耕すという単純作業を
耕運機という【システム】が
代わりにやってくれるからです。


なので、もし経営者であるあなたが
農業をしなければならなくなったら
こうした機械の購入を検討するはずです。


ところが、これが風俗店の業務になると
人力で鍬を使って作業をしているような
ケースが非常に多く見受けられます。


耕運機は買えばすぐに使えますが、
風俗店のシステムというのは
自社で作らなければならないし

人や業務自体がすぐに変わることが
多かったりするのでシステム化が難しく
経営者が諦めていたりするからです。


しかし、人力による作業に頼ると
必ずミスや時間的な壁にぶつかります。


さきほどの農業のケースで言えば
収穫量を増やしたいのなら
耕す人を増やすしかありませんが、

業務を整理してシステム化すれば
耕運機のように一気に生産性を
アップさせることも可能です。


【システム】というのは
ミスを減らし、個々の判断をなくし
人的資源を大きく節約してくれます。

そして、システム化の手間を補って
余りあるリターンをもたらしてくれる
店舗運営の大切な資産となります。

Return Top