風俗ビジネスでも、特にデリヘルやキャバクラなどの起業や副業の開業支援、さらにはマーケティング戦略や人材育成などの経営コンサルティングなら風俗プレナー。各種セミナーや業務ツール、教材の販売から経営者交流会まで風俗ビジネスをトータルサポートします。
Toggle

相談内容

トラブル対策について

風俗業界におけるトラブルの代表的なものを1つあげるとすれば、誰もがまず真っ先に反社会的勢力・暴力団との揉め事や癒着をあげるのではないでしょうか。


それほど風俗業界は暴力団との関わりが強い、と一般的に思われています。
その要因はさまざまあり、歴史を紐解いてゆくことで明らかになります。


暴力団におけるトラブル


結論からいえば、現在は暴対法改正の施行により、暴力団からの金銭等の不当な要求行為や暴力団を利用する行為などが禁止されています。要するに関わりをもってはいけません、と法律で決められているのです。


大物芸能人や演歌歌手などの暴力団との関わりが、ワイドショーや週刊誌に取りあげられたこともまだ記憶に新しいかと思います。


しかし実際の現実社会においては、表社会の治安を維持するのが警察。裏社会の治安を維持するのが暴力団。という縮図があります。


一概に暴力団だから全てが悪、というわけではありません。
地域によっては、その存在が深く根付き地域の人達と一丸になって地域の活性化に従事したり、なかには人として尊敬できるような人徳者もいます。


暴力団にも良い暴力団と悪い暴力団がいる。
警察官にも犯罪行為をする警察官もいれば、先生と呼ばれる教職者や政治家ですら犯罪行為をする。


決して暴力団を正当化し擁護したいわけではなく、解釈を述べているだけとご理解ください。


事実、日本は憲法国家である以上、いかなる理由であれ法令の遵守は絶対であり、反してはいけません。
暴対法が制定されている以上は、暴力団と関わりあってはいけません。


法律があるからこそ治安が守られ、我々は安心して生活を送ることができます。


道路交通法があるからこそ、市民が運転ルールを守り、交通のモラルが保たれ、安心して車を運転できます。
それと同じで風営法があるからこそ、我々は法の下に守られ健全かつ安心して営業することができます。


暴力団に対する認識の甘さが命とりに


しかし、暴力団が完全になくなったわけではありません。
いつどのようなかたちで、あなたのビジネスに介入してくるかわかりません。


よくインターネットで風俗営業のノウハウを述べたサイトを拝見します。


やはり、そのなかで暴力団との関わり方に触れていることも多くありますが、そのほとんどが「関わらなくて大丈夫です。私も一度も関わったことがありません」と堂々と指南されている方もいらっしゃいます。


決して間違ってはいませんが、もし万が一、モラルのない暴力団が押し掛けてきたらどのように対処するのでしょうか。


最近では、暴力団や嫌がらせも非常に巧妙な手口になっています。
振り込め詐欺の対策が大々的にされているのにも関わらず一向に減少しないのと同じです。


我々、風俗プレナーは実際にさまざまなケースに対処をしてきた経験から、トラブルを未然に防いだり、対応することができるノウハウがあります。


店舗内におけるトラブル


風俗業界のトラブルが暴力団に関わることだけかといえば、決してそれだけではありません。


風俗営業は、従事する人、利用する人、全てがヒトで成り立っています。
そこには異性やカネといった人間の欲に直面するビジネスであるからこそ、それらを介したトラブルは絶えません。


経営者、スタッフ、コンパニオン、お客様、店舗、お金、これらの要素が複雑に絡み合い数十、数百通りのトラブルが発生する可能性があります。
・人間関係
・色恋沙汰
・裏切り
・人災天災
・ストーカー
・クレーム
・金銭賃借
・盗難
などなど・・、挙げればキリがありません。


ただでさえ忙しい日々の業務に追われている最中に、様々なトラブルが折り重なってくると、本来の目的である売上げをつくることに集中できなくなり、営業における死活問題にまで発展することも少なくありません。


こうした風俗店特有の様々なトラブルにお困りでしたら、風俗プレナーが的確な解決法や、さらには未然に防ぐノウハウをご提供します。


>>> トラブルは「風俗経営コンサルティングサービス」で早期発見!早期解決!

Return Top