風俗ビジネスでも、特にデリヘルやキャバクラなどの起業や副業の開業支援、さらにはマーケティング戦略や人材育成などの経営コンサルティングなら風俗プレナー。各種セミナーや業務ツール、教材の販売から経営者交流会まで風俗ビジネスをトータルサポートします。
Toggle

相談内容

税金対策について

ビジネスをしている以上、個人事業であっても会社であっても避けて通れない問題が税金です。
たとえそれが風俗であってもビジネスであるからには同じです。



風俗を経営しているかたのなかには、税金のことが気にはなっているが疎かになっていたり、本来あってはいけないことですが無申告でいるところも多いです。



いざ風俗営業をはじめる際には警察署や保健所に申請や届け出をする必要があるため、比較的重視するのですが、税金のことはあとづけになるのでどうしても忘れがちになり、さらには儲けが出始めると人間はついつい欲張ってしまい結果として申告漏れや誤魔化しにつながってしまうでしょう。

そうなってくるとますます税務署が遠い存在になり、税金に関することになると経営者は耳の痛い話になってきます。



そのような状態が1年2年と続き、何年も申告していなければ、いざとなっても昔の税金はごまかせるだろうなんて思っていませんか。


残念ながらそんなことはありません。



警察より恐い!?税務調査


では、どうやって税務署はあなたのお店のことを調べるのでしょうか。



その答えは簡単です。

ユーザーと同じようにホームページで調べるのが基本なのです。
さらには警察の情報を調べてどんな経営者や企業が営業しているかを調べます。



今の時代、営業媒体ツールとしてホームページを持っていないお店なんかありませんから、実は税務署に情報が筒抜けであるという基本的認識は持っていてください。



まさか、
「うちはホームページなんてないし、バレないように営業しているから大丈夫」
なんていう経営者はいないと思いますが、税務署はありとあらゆる情報網をもっています。知らず知らずのうちに内偵者に情報が筒抜けになっています。



「風俗の営業で本当に恐いのは警察よりも税務署だ」
業績を伸ばし続けている経営者は皆、口を揃えてこう言います。



税務署は当然ながら取りやすいところ=儲かっているところにいきます。
調べるのは直近の年度や、できなければ最近の月になります。
そうすると儲かっている年度や月の指数を基準として計算し、過年度も算出するという非常に理不尽なことを税務署は押しつけてきます。



結果、とても納税者が不利になります。
そうならないためにも経営者として税金に関する知識を最低限知っておく必要があります。



正しい知識で有益な税金対策


税金というのは、知っている人が得をして知らない人が損をするという言葉をよく耳にしたことがあるのではないでしょうか。



とはいえ、税金のことを勉強しようと思っても複雑でわかりづらかったり、目先の日銭だけを数えているどんぶり勘定であったり、良くて税理士に丸投げをしているような状態ではないですか。



・風俗業界で税金払っているだけマシだろう。
・税理士にまかせておけば安心。
なんて安易に考えていませんか。



実際に税務署にいけば教えてくれたり、確定申告のときには無料相談会などもやっていますので、うちはなんとかなっているという経営者もいらっしゃるでしょう。



残念ながら、それでは節税対策としては0点です。



なぜなら、税務署に税金を多く持っていかれることはあっても、安くなる方法を教えてくれることはありません。



そして、さらなる事実として、
税理士に任せているから節税ができているという認識は大きな誤解です。



たしかに税理士は税金の専門家です。



税務申告に関しては利益が確定した時点で、どの税理士事務所が処理をしても納税額は同じになります。



でもじつは、利益が確定するまでの過程で、節税に積極的かどうかで納税額が全く変わってきます。



税理士とは税務署対策に向け、基本的に間違いのない申告をしたり、届け出をすることを代行している仕事です。



経営者や会社側がなにも言わず、全てを丸投げしている状態では税理士からは積極的に節税のアドバイスをしてくることはほとんどありません。



もちろんなかには親身になってアドバイスをしてくれる優良な税理士もいます。
しかしながら、風俗業界だからといって足元を見る税理士も少なくありません。



だからこそ、経営者自身が節税の基礎知識を身につけることが重要になってきます。



正しい節税方法を知り、経営者個人や会社にお金を残し、そのお金をさらに投資することでビジネスを成長させましょう。



>>> 正しい節税対策を選ぶなら「風俗経営コンサルティングサービス

Return Top