風俗ビジネスでも、特にデリヘルやキャバクラなどの起業や副業の開業支援、さらにはマーケティング戦略や人材育成などの経営コンサルティングなら風俗プレナー。各種セミナーや業務ツール、教材の販売から経営者交流会まで風俗ビジネスをトータルサポートします。
Toggle

相談内容

接客応対について

利用しやすい風俗店とは

ただでさえ世間一般から、あまり良いイメージを持たれない風俗営業。
そこへ足を運んで利用されるお客様も、とても勇気がいるものです。


実はこんなところでお客様を逃してはいませんか

実際に利用しようと電話での問い合わせや、いざ来店したところ、
ガラの悪い、タメ口をきくスタッフが接客する風俗店。
清潔感があり、親切ていねいなスタッフが接客する風俗店。

お客様はどちらのお店を利用するでしょうか。


答えは明確ですね。


利用されるお客様のお店に対する印象は、応対するスタッフの話し方や動作によって、大きく左右されます。


どうせ「風俗店だから」では済まされません。


風俗ビジネスはヒトとヒトが触れ合う接客業であり、お客様をおもてなしするサービス業です。


接客応対の重要性


接客応対で良い印象をお客様にイメージしてもらうことが、お店の信頼や信用に結びつきます。


きちんとした接客応対をするには、基本の丁寧な言葉づかいや身だしなみができていることが必要です。


しっかりとした接客応対マナーを身につければ、あなたのお店の好感度は向上し、さらなるお客様獲得へのチャンスを広げます。


さらには、一段上の接客応対テクニックを学ぶことで、あなたのお店の印象を良くするだけでなく、顧客満足度顧客感動も格段とアップします。


満足したと感じるのも、感動したと感じるのも、お客様です。


お客様が来店し、利用してくださるからこそ、お店の売上が発生し、私たちのビジネスが成り立つという感謝の気持ちを忘れないでください。


私たちはお客様に支えられていることを意識し、目の前のお客様に対して、最高のサービスを提供する義務があるのです。


このような意識の高いスタッフが揃っているお店は、お客様に良いサービスを提供できるお店になります。
そしてまた、雰囲気の良いお店には、良質なお客様が集まります。


正しい敬語のつかい方


風俗業界に限ったことではありませんが、社会人にとって当たり前のようで、意外とできていないのが敬語のつかい方です。


敬語のつかい方を学ぶコツは、接客の中でよくつかう、主な接客用語から優先して使えるようになることです。


ありがとうございました

少々お待ちください

かしこまりました

申し訳ございません

お待たせいたしました

恐れ入ります

いらっしゃいませ

失礼いたします

例えば、お客様から注文を受けたとき「わかりました」ではなく「かしこまりました」という言葉をつかうところからはじめてみる。
そのような基本を少しずつ慣れながら、最終的には敬語を正しくつかえるように心掛けましょう。


本来、言葉づかいは相手によって変えることが理想的です。
丁寧な敬語で話すべき相手、少しくだけた敬語で話す方が親しまれる相手。


基本を身につけているからこそ使いわけができるようになり、よりレベルの高い接客応対ができるようになります。


接客研修・ロールプレイング


風俗プレナーでは、より良い接客応対を可能にするため、風俗店舗向けの接客のマニュアル作成や、ロールプレイングを実施しています。


風俗営業では、実際に接客するのはコンパニオンだから。と考えられがちですが、お客様と最初に接するのが、電話応対や来客応対に携わるスタッフです。


ひとりひとりのお客様を大切にすることで、信頼が生まれ事業をさらに発展させます。


また、心のこもった接客応対はお店のイメージアップにつながるだけでなく、他のスタッフや、コンパニオンといった職場の雰囲気づくりにも欠かせないものです。


>>> 顧客満足度のアップなら「風俗経営コンサルティングサービス」を活用ください!

Return Top