風俗ビジネスでも、特にデリヘルやキャバクラなどの起業や副業の開業支援、さらにはマーケティング戦略や人材育成などの経営コンサルティングなら風俗プレナー。各種セミナーや業務ツール、教材の販売から経営者交流会まで風俗ビジネスをトータルサポートします。
Toggle

コンプライアンス

コンプライアンスとは


直訳すると『法令尊守』という意味ですが、 風俗ビジネスにおいては『法律や条例を違反しないこと』という広義的なな解釈になります。


しかし、風俗プレナーにおけるコンプライアンスとはこのような意義だけに留まらず、風俗業界における企業規定や企業倫理、社会貢献等の基準を設定し、 運営方法や環境の整備に至るまでを含み、風俗ビジネスが健全な運営をしていく上で必要な要素であると捉えています。


風俗プレナーにおけるコンプライアンスの目的


消費者の保護
適正な物品やサービスを提供し、利用者の利便性と安全を守る。


従業員の尊守
店舗従業員や役員および女性コンパニオンの人権やプライバシーを尊重する。


知的財産の保護
著作権や肖像権等の権利を保護する。


行政との関係
法令や条例を尊守し、公正な関係を保つ。


信頼性の確保
悪質店や違法行為店などを排除する。


社会への貢献
社会貢献活動への取り組みや地球環境の保護に配慮する。


風俗プレナーにおける反社会勢力に対する基本方針


世間一般からの視点から、【風俗営業=反社会的勢力】といったイメージを持たれやすい点や、業界特性から風俗営業の企業やオーナーは特に反社会的勢力に狙われやすいため、 反社会的勢力と関係を持たないことは社会的責任の観点から重要かつ当然のことと捉えています。


風俗プレナーでは、特にコンプライアンス重視の流れにおいて、違法行為や反社会的行為を行なって、世間や消費者からの信用を失い業界全体のイメージを下げる 一部の反社会的勢力や悪質店を撲滅し、社会からの信用信頼を高めるために戦略的に活動として取り組んでいきます。


ここでいう反社会勢力とは暴力団、暴力団等の経営する団体や、フロント企業(暴力団に近い関係の者が暴力団の威力などを使って利益を得ている会社)、個人などを指します。


風俗プレナーは、
反社会的勢力とは一切関係を持ちません。


風俗プレナーは、
反社会的勢力による不当要求には応じず、毅然として法的対応を行ないます。


風俗プレナーは、
反社会的勢力による被害防止の為、警察、暴力団追放運動センター、弁護士などの外部の専門機関と連携関係を構築し、組織的かつ適正に対応します。


風俗プレナーは、
反社会的勢力への資金提供や裏取引は一切行いません。


風俗プレナーは、
反社会的勢力からの不当な要求に対応する社員およびクライアントの安全を確保します。


さらにその先へ、風俗プレナーのCSR


風俗プレナーは社会的責任として、最低限の法令尊守や利益の貢献といった企業責任を果たすだけでなく、社会の顕在的あるいは潜在的なニーズに応え、 より高い社会貢献や配慮、情報公開など法律や制度で決まられた範囲を超えよりよい行動をすることが、社会的評価や信頼性の向上を高めることができると考えます。


具体的には、関連法規の尊守やコンプライアンス、より良いサービスの提供、雇用の創出、税金の納付などは当然のこと、適切な情報開示、誠実な消費者対応、安全や健康に配慮した 職場環境と従業員支援、環境や個人情報保護、ボランティア活動支援などの社会貢献、地球環境への配慮などに取り組む方針です。

Return Top